トイレの水漏れが排水管から起こっている場合の修理

トイレの水漏れは給水管やトイレタンクからの水漏れの他に、床下や壁などに埋め込まれている排水管からの水漏れも考えられます。排水管から水が漏れてしまうと衛生面などにも影響してしまうことから、できるだけ早く対処する必要があります。排水管から水漏れが起こった場合、どんな被害が考えられるのか、またどんな対処が必要になるのかをここでは紹介します。

■トイレの排水管から水漏れが起こると被害は大きくなる

トイレに流すものは排泄物やトイレットペーパーなどです。これらが排水管を通って下水管に流れている以上、排水管で水漏れが起こってしまうと避けられないのが、汚物などの逆流です。またトイレの排水管に何らかの原因によってトラブルが起こり、水漏れが発生すると汚物が逆流してくるだけでなく、見えないところで水が漏れてしまい住宅の構造に影響を及ぼしてしまうこともあります。


■排水管の水漏れの修理は最悪の場合トイレの交換が必要になることもある

排水設備は床下や壁の中に埋まっていることも多いことから、万が一排水管にトラブルが起こると、簡単な修理では解決することができず、床や壁などを剥がして、トイレそのものを交換する必要が出てくる可能性もあります。普段からトイレを使用するときに何か変わったことがないかどうか、定期的に点検をしておくことで、早い段階で対処することができるようになり、被害の拡大を抑えることができます。トイレの交換となると修理にかかる費用が高額になることも多く、被害が大きければ大きいほど住宅のリフォームなども必要になってくることから、早い段階で対処することが大切です。

■まとめ
トイレの水のトラブルによって起こる被害は、考えている以上に大きくなっていることもたくさんあります。ちょっとした水漏れだからと言って放置せずに、できるだけ早く原因を特定して対処しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ